ボディケアの裏技(コスメティックスの使い方)

夏が終わると秋から冬、春にかけて乾燥に悩まされる季節です。

顔や手肌の乾燥による荒れはもちろんのこと、腕や足の肌まで乾燥によって白い粉を吹いたような症状に悩まされます。

夜眠る前のボディケアとしてコスメティックス製品のクリームなどをすりこんでも朝になればもう粉を吹いている状態。

こんな方には裏技として、お風呂上がりのボディケアをオススメします。

お風呂からあがってすぐのお肌は水分が蒸発してさらに乾燥を進行させてしまうので、あがったらすぐに、それも体をタオルで拭く前のぬれた肌の上にコスメティックス製品のクリームやオイルを塗り込みましょう。

これで肌から水分が蒸発するのを防ぐための蓋をした状態になります。

このとき使用するコスメティックス製品はオイルなど保湿力の高いものがいいでしょう。このあと、体に残った水分はタオルで軽くポンポンとたたく程度にとどめます。

するとお肌がしっとりつツヤを放っていることに気がつくでしょう。

通常の使い方のみならず、裏技としてコスメティックス製品を使うと思いがけない効果がでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)